2010年01月05日

『神の道化師 聖フランチェスコ』ロッセリーニの演出

年末にご紹介したロッセリーニの映画『神の道化師 聖フランチェスコ』の祈りの場面。

繰り返して観ているうちに、ふと、今まで何度も観ていたのに全然気が付かなかった”あること”に気がつきました。

たいしたことではないんですが、もう一度、音に注目してこの場面を聞いてみてください。

フランチェスコに話しかけるように最初は騒々しく鳴いている小鳥たち。まるでイタリア人のようにさえずっております。

40秒過ぎたあたり、肩にとまった小鳥にむかってフランチェスコがはなしかけ、その小鳥を逃がしてから、急に落ち着きがなかった鳥たちがじーーとして静かになります。

さて、もう一度、注意してどうぞ







もちろん、映画ですから、カットごとに撮影し、当然鳥たちは別撮り、音声もあとから編集してつくっているわけです。

一見、素人さんを使い、あざとい演出などを何もしていないようでいて、こんなに何回も観てやっと気が付く(もちろん気がついていた方はいらっしゃったでしょうが、私は全然わからなかった)細かい演出。

これこそ、ロッセリーニなんですよ。

ヴィスコンティが演劇やオペラを演出したように映画を作ったのとは明らかに違いますが、私はこのロッセリーニも負けずにすばらしいと思います。

こういう場面が、『聖フランチェスコ』にはいっぱい詰まっています。



神の道化師、フランチェスコ [DVD]

神の道化師、フランチェスコ [DVD]

  • 出版社/メーカー: 紀伊國屋書店
  • メディア: DVD



posted by マヤ at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ロッセリーニ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。