2005年12月01日

ヴェニスの商人の元ネタは中世イタリーの物語集

現在公開中の『ヴェニスの商人』はイギリス映画ですが、舞台がヴェニスであること、また元ネタがイタリアにあるらしいということで、このブログでも紹介しましょう。

venis1.jpg

シェイクスピアの『ヴェニスの商人』は1596年後半から翌年はじめにかけて書かれたものと推定されている。

この物語は4つの筋から成り立っている。
1)箱選び
2)指輪の紛失
3)人肉裁判
4)ジェシカの駆け落ち

これらの挿話には手本がある。

2)と3)そして1)も少し形をかえてはいるものの、
1378年セル・ジョバンニによって書かれた「イル・ペコローネ(阿呆)」という中世イタリーの物語集に既にあるお話だ。
この「イル・ペロローネ」とそのほかの散文や口碑を元に、シェイクスピアが直接に創作したのでなく、既に誰かが現代の筋とほとんど同様の脚本に仕上げたものに手を加えたというのが現在の定説である。

たしか『ヴェニスの商人』はユダヤ人を著しく差別的に描いているとして、一時期書籍として出版されなかった時期がありませんでしたっけ?しかし、その後再評価されたのでしょうか?私のうる覚えなんですが。勘違いかな?
初の映画化というのも、その辺の事情があるのではないかと思いますが。
日本で一番上演されているシェイクスピア戯曲なんですけどね。

マイケル・ラドフォード版の映画「ヴェニスの商人」は悲劇にかわってしまいました。あまり先入観なく今回の映画を見た人はきっと「悲劇」として本作を記憶することでしょう。

しか〜し、シェイクスピア研究者の分類では本作は喜劇に分類されます。
現にYahoo USAのmovieページではジャンルのところにcomedy&drama
って書いてるんですよ。
ポーシャが男装して裁判官になる法廷のどんでん返しと、締めくくりのロマンティックな場面。シャイロックをあまり悲劇的に解釈するのは誤りであり、彼は劇の中での「狡猾なユダヤ人」という設定に過ぎないというのが、新潮文庫の解説にも書いてあります。

映画版がもっとも喜劇から遠い理由は
1)アントーニオとバサーニオーの関係にホモセクシャルを漂わせたところ
2)シャイロックとジェシカの父親と娘の関係に余韻をもたせたラスト
3)狡猾なのがシャイロックでなく、ポーシャであるようにとれること
venis3.jpg
久しぶりにアメリカ女優の実力派が登場と思わせた好演


つまり、喜劇としての解釈では一番痛快な役を演じているとポーシャを、シャイロックより狡猾な存在に変えている(と私は見た)ところです。マイケル・ラドフォード監督は女が嫌いなんだろうかとすら思いました。
venis2.jpg演出中の監督左とアル・パチーノ

映画をみていて私はシャイロックに心から同情しましたから。かわいそーです、本当に。


それにしても見所は達者な俳優陣。
見事です。それに美しい英語。繰り返し聞いてお勉強したいと思います。

「落胆演技」をさせたら世界一のアル・パチーノの演技も絶品ですが、ジェレミー・アイアンズって歳とればとるほど素敵になってません?これだからラテン好きの私も英国男からは目が離せないんだよなー。
venis3.jpg

【参考文&サイト献】
ヴェニスの商人 福田 恒存訳 新潮文庫
『ヴェニスの商人』公式サイト http://www.venice-shonin.net/







posted by マヤ at 23:01| Comment(11) | TrackBack(29) | イタリア映画とりびあ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ポーシャの解釈が興味深いです。なるほどね。
俳優陣、見応えありましたね。ジェレミーはマリアカラスの時よりずっと魅力的でした。
Posted by あん at 2005年12月02日 09:41
トラックバックありがとうございます!

その起源も初めて知りました!訪ねてきてよかったです。

あんさんがおっしゃっている通り、私もポーシャの解釈が面白いな、と思いました。
こんな感じで、いろいろな解釈、見方ができる、というのは、それだけで、作品として素晴らしいですよね。
Posted by sunnymarch at 2005年12月02日 23:50
TBありがとうございました。

QAF自体がGayFilm扱っておりますので、きっと驚かれたのではないかと・・思います。

ジェレミーアイアンズに思い入れがあったわけではないのですが、トレイラーを見てその映像の美しさに魅かれてDVD購入しました。見て楽しめるものでした。
私も原作しか知りませんが、これは喜劇でなければいけない映画ですが・・・かぐわしいばかりのGayFilmになってて驚きましたわ。カラヴァッジオと同じですわね。

Posted by TOMCAT at 2005年12月03日 17:38
初めまして。TBありがとうございます。
イタリアに元ネタが、あったお話だったんですねぇ。知りませんでした。
ポーシャが惹かれる男性、あれでいいのかなぁ…。そんな気もしました。
Posted by あかん隊 at 2005年12月03日 22:15
はじめまして。
TBとコメントありがとうございました。
この映画を観る限り、シャイロックに肩入れしちゃいますよね。
Posted by cocoa at 2005年12月04日 11:44
TBありがとうございます。

元ネタがあったなんて・・・
この映画は『喜劇』って感じではないですよね(私は笑えませんでした)

法廷でのどんでん返しは、こじつけっぽいのであまり好きではないです。(私がアル・パチーノ好きだから?)

私もシャイロックに肩入れしちゃいます。
Posted by KEN1 at 2005年12月04日 14:02
みなさま、コメント&TBありがとうございます。
たしかに、喜劇のはずが、セリフは全くかえてないのに、目配せとか演じ方、焦点をあてる人物を誰にするかだけで、悲劇的な話にするところが監督の凄さだし、そういう自由な解釈を可能にする原作の凄さも改めて感じました。
Posted by マヤ at 2005年12月05日 00:15
TBありがとうございました。

喜劇に分類されると聞くのに、どうみても「迫害されるもの」に焦点が当たった悲劇になってるな〜とは思ったのですが、原作がイタリアにあったとは知りませんでした。
私はどちらかというとポーシャが苦手で(^^; 悲劇性に目がいっているので、喜劇部分がちょっと辛かったのかもしれません。
別視点でのご指摘、とても為になりました!

DVDを買ったので、美しい英語に浸っています(^^)
Posted by alex at 2005年12月05日 14:58
alexさん、コメントありがとうございます。ポーシャ、嫌な女でしたよね(笑)。すでにDVDを購入済みとのこと、いいなあ。
Posted by マヤ at 2005年12月07日 14:49
 新宿でやっていたのが終わってしまったので、大森まで行って見ました。面白かったです。
 シャイロック役のアル・パチーノの一人舞台という感じだったですね。何という存在感でしょう。
 しかし、シャイロックだけをこういう風にリアリズムで描いても、その他の「お遊び」の部分と調和しないかもしれませんね。もともと大衆受けする喜劇だったんですね、きっと。

シェークスピアが活躍した時代のイギリスは、ユダヤ人を激しく排斥したのだそうですね。「ヴェニスの商人」を書く前の1594年に、ロペスというユダヤ人侍医が、女王毒殺未遂事件によって裁判にかけられたそうです。

このあたりのことをわかりやすく書いたサイトがありました。

http://www3.starcat.ne.jp/~nisak/musica.html

もともと、喜劇として作られたので、財産目当ての結婚の準備のために途方もない金の保証人になるアントニオの心情にリアリティなんか必要なかったのでしょうが、マイケル・ラドフォード監督はそこにリアリティを感じさせる工夫をしたのでしょうね。アントーニオの年齢を上げることで、二人の間に家族のような、父と子のような美しい感情が通っていたことにしたのだと思いました。
 それにしても、馬鹿げた遊びのために湯水のように金を使うバッサーニオに、アントーニオはなんで金をあげたり借りてあげたりしなければならないのか、依然違和感は残ります。本人のためを思えば厳しく忠告するのが「親心」というものだと思います。
 あっ、ついこれが大衆受けする喜劇として書かれたことをまたも忘れていました。

 ヴェネティアの建物、風物、当事の衣装や風習を見るだけでも価値のある映画でした。
Posted by kazami at 2005年12月27日 15:47
kazamiさま
するどいコメントありがとうございます!
私は原作も読みましたが、アントーニオとバッサーニオの年齢を規定してないので、アントーニオが年上になっていたことは知りませんでした。
バッサーニオとアントーニオの関係については、友情以上の関係があると指摘する学者もいるそうです。(それは今回の映画ではなくて、原作についての考察)。
Posted by マヤ at 2005年12月29日 00:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

「ヴェニスの商人」
Excerpt: 先週から気に成っていた「ヴェニスの商人」を、昨日の夜、新宿の高島屋で 観た。最近では、新宿での時間の使い方が身に付いてきたのが、嬉しい。 前は、新宿を嫌いだったのに、慣れて来たのだろう..
Weblog: 海の上のピアニスト
Tracked: 2005-12-02 21:51

The Merchant of Venice.
Excerpt: はい、今日も映画鑑賞。 でも一人じゃなかったもん。 『ヴェニスの商人』 という映画を見てきました。 誰もが知るShakespeareの劇作品を映画化したものです。 英文科なら見るしかないでしょう、..
Weblog: Essays in Idleness.
Tracked: 2005-12-02 23:53

ヴェニスの商人
Excerpt: アル・パチーノ主演(シャイロック役)ヴェニスの商人を観ました。 「高利貸しシャイロック=悪」というイメージはこの映画からは感じられず、最後まで救われない彼に同情すらしてしまった・・・。 そ..
Weblog: simple*pleasures
Tracked: 2005-12-03 20:38

「ヴェニスの商人」えっ、初映画化なん!
Excerpt:  「ヴェニスの商人」(アートポート)は、復讐と友情をめぐる、シェイクスピアの最高傑作といわれる人間ドラマ!贅沢なキャスト
Weblog: 新作映画ピンポイント情報
Tracked: 2005-12-03 21:21

「 ヴェニスの商人 」
Excerpt: 監督・脚本 : マイケル・ラドフォード 主演 : アル・パチーノ  / ジェレミー・アイアンズ /       ジョセフ・ファインズ / リン・コリンズ / 公式HP:http://www.venic..
Weblog: MoonDreamWorks
Tracked: 2005-12-03 21:54

ヴェニスの商人(試写会)
Excerpt: シャイロックは、「ヴェニスの商人」ではありません。(念のため) アル・パチーノが
Weblog: cococo
Tracked: 2005-12-03 22:07

『ヴェニスの商人』
Excerpt: ----これってアル・パチーノがシャイロックを演じて話題になってるんだよね。 「うん。彼はシェイクスピアには造詣が深いからね。 自分で『リチャードを探して』という映画も監督しているくらいだ。 そうそう..
Weblog: ラムの大通り
Tracked: 2005-12-03 22:26

ヴェニスの商人−映画を見たで(今年140本目)−
Excerpt: 監督:マイケル・ラドフォード 出演:アル・パチーノ、ジェレミー・アイアンズ、ジョセフ・ファインズ、リン・コリンズ 評価:83点(100点満点) 公式サイト..
Weblog: デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと)
Tracked: 2005-12-03 23:04

ヴェニスの商人
Excerpt: 忠実な映画だが面白いかどうかは好み。 ヴェニスの商人(The Merchant of Venice) http://www.venice-shonin.net/ 《ストーリー》 1596年のヴェニ..
Weblog: arudenteな米
Tracked: 2005-12-04 00:06

ヴェニスの商人@銀座テアトルシネマ:祭日のサービスデー午前
Excerpt: 都心では新宿のテアトルタイムズスクエアだけで上映していたこの作品、そんなに評判が良かったのだろうか、急遽、2週間だけ銀座テアトルでも上映されることになった。(~12/2) 「食べるなら遊ぶなら何でも銀..
Weblog: KINGDOM OF KATHARINE
Tracked: 2005-12-04 00:23

ヴェニスの商人 THE MERCHANT OF VENICE
Excerpt: アル・パチーノ、ジェレミー・アイアンズ ジョセフ・ファインズ、リン・コリンズ主演 有名なシェークスピアの原作の映画化 ストーリーは有名すぎて語る必要は無いでしょう ユダヤ人高利貸しシャイロック..
Weblog: travelyuu とらべるゆうめも MEMO
Tracked: 2005-12-04 00:34

「ヴェニスの商人」
Excerpt: 「ヴェニスの商人」 よみうりホールで鑑賞 あまりにも有名なシェイクスピアの戯曲初映画化、だそうです。高校生の頃にだったかその前か後か(大学生になっては読みませんね、専門じゃないから)何度となくシ..
Weblog: てんびんthe LIFE
Tracked: 2005-12-04 01:15

ヴェニスの商人
Excerpt:           *公式サイト 2004年/アメリカ・イタリア・ルクセンブルグ・イギリス合作/130分 監督・脚本:マイケル・ラドフォード キャスト:アル・パチーノ(シャイロック)      ジ..
Weblog: Casa de lapiz:鉛筆庵
Tracked: 2005-12-04 09:58

【ヴェニスの商人】
Excerpt: アル・パチーノ、 ジェレミー・アイアンズ、ジョセフ・ファインズ、 リン・コリンズ出演のヒューマン。 公開日:10月29日 ☆ストーリー☆ 1596年のヴェニス。 ヨーロッパの貿易の..
Weblog: ココアのお部屋
Tracked: 2005-12-04 11:42

映画『ヴェニスの商人』
Excerpt:   ヴェニスの商人 をみてきました。 これはまた、しっかりシェイクスピアでしたよ。 重厚な物語と、きれいな映像、自由で怠惰なヴェニスの町が土台となって シェイクスピアの世界から抜..
Weblog: 【コンくらべ】ブログ(゚∀゚)
Tracked: 2005-12-05 12:03

ヴェニスの商人(2004米/伊/ルクセンブルグ/英)
Excerpt: 日本では小学生でも知っているシェークスピアの名作。しかも監督は「イル・ポスティーノ(私の大好きなイタリア映画のひとつ)」のマイケル・ラドフォードと聞き、試写会に飛びつきました。それと都区内での公開..
Weblog: WAKOの日常
Tracked: 2005-12-05 12:49

「ヴェニスの商人」アル・パチーノ/ジェレミー・アイアンズ/ジョセフ・ファインズ/リン・コリンズ
Excerpt: 英語圏での映画化は初めてとなる、ウィリアム・シェイクスピア原作「ヴェニスの商人/
Weblog: Cinema,British Actors
Tracked: 2005-12-05 14:59

『ヴェニスの商人』
Excerpt: (ネタバレあります) 今日は 『 ヴェニスの商人  』 を観てきました。 観るまでは上映時間も長いし、シェークスピア……わからん。。。 ということで、どうしようかと思っていたのですが、..
Weblog: やっぱり邦画好き…ANEX
Tracked: 2005-12-12 10:30

ヴェニスの商人
Excerpt: 最近ね、といっても、2??3週間前の話だけど、夢にねアル・パチーノが出てきたのよ。 夢の中でさぁ、私たちお友達になってね。 アルってばさぁ、思った以上に小柄で気さくで良いヤツでさぁ(笑) こりゃぁ、「..
Weblog: toe@cinematiclife
Tracked: 2005-12-23 23:09

試写会「ヴェニスの商人」←今回ネタバレ
Excerpt: 試写会「ヴェニスの商人」開映18:30@よみうりホール 「ヴェニスの商人」 THE MERCHANT OF VENICE   2005年 アメリカ・イタリア・ルクセンブルグ・イギリス 配給:アート..
Weblog: こまったちゃん。のきまぐれ感想記
Tracked: 2006-01-01 22:14

ヴェニスの商人
Excerpt: 言わずと知れたシェークスピアの「ヴェニスの商人」を映画化した作品です。 ストーリーは、原作をなぞって進んでいきますが、当時、いかにユダヤ人が不当に差別される存在であったかが丁寧に描かれています。..
Weblog: 日っ歩??美味しいもの、映画、子育て...の日々??
Tracked: 2006-02-03 01:17

[ ヴェニスの商人 ]いつの時代になっても楽しめるシェイクスピア劇って
Excerpt: [ ヴェニスの商人 ]@新宿で鑑賞。 ご存知ウィリアム・シェイクスピア劇のひとつ。 シェイクスピアといえば、劇作家だけでなくイギリスのグ ローブ座の株主として実業家の一面ももっていた。実業家..
Weblog: アロハ坊主の日がな一日
Tracked: 2006-02-03 15:46

ヴェニスの商人
Excerpt: シェイクスピアの書いた37の戯曲の中で最も人気が高く、この作品が日本では初演。ロマンテックなラヴストーリー。スリリングな法廷劇。人権と復讐。…INTRODUCTIONより *かなりのネタばれ含みます ..
Weblog: シャーロットの涙
Tracked: 2006-02-03 22:49

「ヴェニスの商人」〜新解釈のシャイロック
Excerpt: 2004年アメリカ/イタリア/ルクセンブルク/イギリス原作/ウィリアム・シェイクスピア監督/マイケル・ラドフォード出演/アル・パチーノ ジェレミーアイアンズ ジョセフ・ファインズ   リン・コリンズ ..
Weblog: お茶の間オレンジシート
Tracked: 2006-05-13 21:40

「ヴェニスの商人」
Excerpt: ひらりんのフェイバリット俳優のひとり・・アル・パチーノ主演。 原作はもちろん、シェイクスピア。 タイトルは知ってるけど、どんなお話かは知りませーーーん。 文学少年じゃなかったので・・・ 英題は..
Weblog: ひらりん的映画ブログ
Tracked: 2006-06-18 02:58

DVD「ヴェニスの商人」見たよ。
Excerpt: はい、こんばんは。 シェークスピアの「ヴェニスの商人」、有名 ですよね。カネ・カネ亡者の悪徳金貸しが、 こらしめられて、あんまり、カネカネ言ってる と、こんなふうになっちゃうぞーっていう ..
Weblog: 雪華と、うふふ
Tracked: 2006-09-01 16:36

ヴェニスの商人
Excerpt: 「ヴェニスの商人」という映画を観ました。 ポニーキャニオン ヴェニスの商人 ?  舞台は1596年のヴェニス。貿易商アントーニオの元..
Weblog: シナリオ3人娘プラス1のシナリオ・センター大阪校日記
Tracked: 2006-09-21 13:43

映画『ヴェニスの商人』
Excerpt: 原題:The Merchant of Venice 16世紀末ヴェニス、金の箱、銀の箱、鉛の箱、あなたはどの箱を選びますか、人肉裁判に友情、愛と信頼、復讐と偏見、シェイクスピアの傑作の映画化・・ ..
Weblog: 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??
Tracked: 2006-10-15 00:18

社会を冷笑したい時に 12 「ヴェニスの商人」
Excerpt: 「ヴェニスの商人」 悲劇のシャイロック     【原題】THE MERCHANT OF VENICE 【公開年】2004年  【制作国】米・伊・ルクセンブルグ・英...
Weblog: ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋
Tracked: 2009-10-20 09:48
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。