2009年06月24日

天使と悪魔


本日、やっとこさ『天使と悪魔』を観にいきました。

そうしたらビックリ

映画の内容ではなく、

通称ゴリ(私が勝手にそう呼んでいる)こと

右端

Pierfrancesco Favino が出ているじゃありませんか!!

ファヴィーノ.jpg


これ、使うか(笑)・・・



右端の彼!


Romanzo_criminale.jpg

ファヴィーノさんのオフィシャルサイト
http://www.pierfrancescofavino.it/



英語もとても上手だったし、なんせ途中であっけなく・・・

あとは映画をお楽しみにぃ〜。

それにしても、バチカンのサンピエトロ寺院前の広場のシーン、あれロケはできなかったのですよね??

全部CG?

だとしたらすごいもんだ。

posted by マヤ at 23:27| Comment(4) | TrackBack(0) | イタリア映画ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして!
『天使と悪魔』でファヴィーノさんのファンになったものです。
カスピアン王子のグロゼールの時は「濃い顔の人だなあ」と思ったものの、印象には残ってたんです。演技の上手い人ですね。
ファヴィーノさん出演のイタリア映画も立て続けにレンタルしまして、すっかり彼にハマってしまいました。
イタリア映画にも興味出て来たので、こちらのブログにちょこちょこお邪魔しようと思います。
セントアンナも見に行きますよ♪
Posted by にいな at 2009年06月28日 23:10
にいなさん
レスが今頃で大変失礼いたしました。
天使と悪魔のときは、なんだか抑えた演技が渋くて素敵でしたよね。トム・ハンクスより伊達男だと主役食っちゃって、観客の目が違うところにいくから、そうならないで(失礼)、なおかつ、演技がうまい、という絶妙なポジションだったと思います。
あ、これ褒めてるんですから。
そちらにも遊びに行きますね。これからもどうぞよろしくお願いいたします。
Posted by マヤ at 2009年07月28日 23:20
お久しぶりです、マヤさん。豆酢です。今年の4月から異国の地にいます。イタリアでないのが悔やまれてなりません(笑)。家族でパリにやってきたんですが、ブログもついでに引越ししてしまいました…(苦笑)。新しいアドレスを名前のところに仕込んでおきましたので、お暇な折には覗いてやってください。

それにしても、ベルルスコーニのおっちゃんは一体どうなってしまうんでしょうねえ。下手な映画より、あのおっちゃんのやらかしてくれる珍騒動の方がよほど笑えますわい。
Posted by 豆酢 at 2009年08月05日 23:50
豆酢さん、コメントありがとうございます。
パリ生活なんて、中村江里子みたいでいいじゃないですか!
そちらにコメント残させていただきました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
Posted by マヤ at 2009年08月21日 19:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。