2011年05月03日

最後のキス

最後のキス.jpg

【あらすじ】
ステファノ・アッコルシ、ジョヴァンナ・メッゾジョルノ、クラウディオ・サンタマリアらスターが揃った2001年の大ヒット作。30歳を目前にして、揺れ動く男4人と恋人、その親たちの心情をリリカルに描く。01年ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞で監督賞など5部門を制した。監督は、『幸せのちから』でハリウッドに進出したガブリエル・ムッチーノ


10年後の続編『もう一度キスを』の原点となった大ヒット作。

これやはり2本両方観ておくべきですね。

本作のほうが映画的には断然いいです

出演した男優たちがこの10年(そしてこれからも)イタリア映画界をになってきたことは確かですよね。イタリア映画好きなら「観ておくべき一作」ではないかと思います。DVDなってますか?なってないのなら今回観ることができて本当によかったです。


映画的には、編集がいいですね。思い出そうとしてもう忘れてるんですが
何かのシーンから急に誰かがドアをバンッと開けて入ってくるカットに変わるところなど
格好よかったです。背景の音楽が急に変調をきたして音量をあげてカメラが宙に泳いで暗転したり、車が道路ですれ違ってアッコルシから義母に場面が展開したり、台詞のテンポやカットのつなぎの
間が絶品。長くても観ていて飽きないのは語り口にあるのかなと思いました。


内容的には、ステファノ・アッコルシ演じるカルロに共感できるか、「ええかげんにせえよ」と思って呆れるかで評価は分かれると思います
劇中、カルロがハンサムだという台詞が結構出てくるんですけど、俳優としてはおいといてアッコルシをハンサムだと思わない私にとっては、なんでこの男がこんなにモテるの?と疑問でありました


『最後のキス』115分

『もう一度キスを』139分

115分+139分=254分もおばかなカルロにつきあわされてしまったというのは私の結論。

しかもおばかなのに結局一番おいしい思いしてるってのも気に入らないわ
メッゾジョルノが出なかったのなんとなくわかるな。
(ただスケジュール的な問題かもしれないけど)いまやイタリアを代表する女優となったメッゾジョルノは、この女性演じることに何の興味もそそられなかっただのだろうな、と勘ぐってしまいました。ま、アッコルシとプライベートでも別れてしまったしね


メッゾジョルノって本当にきれいだなあ、私生まれ変わるならこういう顔になりたいな


ほかにも10年後の『もう一度キスを』では、ピエル・フランチェスコ・ファビーノの出番が増えていて、俳優たちの力関係が出番の多さに反映されてるようなところを「勝手に」想像して楽しみました。

それからセルジオ・カステリット様がさらっと出演していい味を出しているのも素敵です

posted by マヤ at 11:39| Comment(0) | TrackBack(1) | イタリア映画祭2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/198997333

この記事へのトラックバック

映画「最後のキス」人生の色んな選択
Excerpt: 映画「最後のキス」★★★☆ ステファノ・アコルシ、ヴィットリオ・アマンドラ リナ・ベルナルディ、ジュリア・カルミナーニ マルコ・コッチ、ルイジ・ディベルティ ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ サブ..
Weblog: soramove
Tracked: 2013-09-16 20:41
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。