2011年06月23日

まるでフェルメールのようなカメラワーク!『プッチーニの愛人』

プッチーニの愛人.jpg

オペラ界の巨人ジャコモ・プッチーニのメイドが自殺した「ドーリア・マンフレーディ事件」

プッチーニと若いメイドとの間を疑った嫉妬深い妻がメイドを監禁し、娘は自殺したという
実際にあった事件

を題材にしたほんの84分ほどの映画です。

いやーーーとてもよかった!!

こういう作品を観ると、さすがイタリアの底力といいますか、ヨーロッパ文化の蓄積を感じますなー

大変堪能いたしました。

説明過多な映画を毛嫌いする私としては、この映画の台詞の少なさが心地よかったのです

必要最小限の台詞だけで、この乙女の死の裏にいくつもの不貞があったという上流階級の社会ではよくありそうな痴話話が次から次へと浮かび上がる

そして、乙女を救うべきだった教会がまたしても(『愛の勝利を』にも続き)

本来救うべき人を救っていない

ということも極めてわかりやすく描かれています。

PUCCINI01.jpg

音楽の知識がない私は、ぜひオペラ好きの方にお聞きしたいのですが

この映画全編に流れるピアノ曲は、プッチーニが取り組んでいる「西部の娘」の一部が使われているのでしょうか

先日、テレビで音楽家の方が、松田聖子の歌は長調で、中森明菜の曲は短調でできているとピアノを弾きながら説明しているのを見て、なるほどねーと感心したのですが

簡単に言ってしまうと、前者は明るく心地よい音楽で、後者はどこか哀しさを帯びる音楽になっていました。

まさに、この音楽のトーンの違いが、この映画にもうまく使われていたのです。

映画の中で、白い鍵盤に鉛筆でしるしをつけて、その音を使ってピアノを弾く場面が出てきます
そこは非常に軽快なメロディーでした。

ですが、黒い鍵盤をおさえるどことなく不穏な音楽が響くシーンが出てきてこの物語も動き出します。

一度は監禁をとかれた娘を、ふたたび失意の底に打ちのめされる場面にぐっと変わっていくのです。

おそらく「西部の娘」の音楽の展開にあわせたか、もしくはそのオペラの音楽の調べの変調をきたす部分をこの映画にうまく取り込んだのでは、と思ったのですが。

いかんせん、「西部の娘」を聴いたことのない私なので、これがあっているかどうか、オペラの好きな方のご意見お待ちしております。


また、このスキャンダルの種明かしにもつながる部分ですが、プッチーニの音楽の源がどこにあったか、をさりげなく示しているのも、私はなるほどと思って観ました。


彼の音楽が世界中の人々の情感にうったえかけるのは、そもそものメロディーの源泉がむしろ社会の底辺にいる人の恋歌であったり、労働の中から生まれた調べにあった、と。

だからこそプッチーニのメロディーは普遍的な魅力に満ちているのだ、と。



もうひとつ、音楽の使い方については、

「当世オペラ事情」というブログで解説されていた、ラストに流れるのがプッチーニではなくシューベルトであった、というご指摘もとても興味深く拝読しました

http://opera-alla-moda.com/column/%E6%98%A0%E7%94%BB%E3%80%8C%E3%83%97%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%81%AE%E6%84%9B%E4%BA%BA%E3%80%8D%E3%80%81%E6%98%8E%E6%97%A56%E6%9C%8818%E6%97%A5%E3%81%8B%E3%82%89/



最後に、本作は映像がすばらしい。カメラマンの名前、あとで探しますが、とくに室内の画ひとつひとつがそのままフェルメールの絵画のようで、映像にも大変満足しました。


PUCCINI02.jpg


これで84分!

まったく素晴らしい作品です。


プッチーニの愛人 オフィシャルサイト http://puccininoaijin.com/

6/18(土)より東京・シネマート新宿
7/02(土)より大阪・シネマート心斎橋
他、全国順次ロードショー

posted by マヤ at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | オペラ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/211407262

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。