2006年07月28日

第63回ヴェネツィア映画祭ラインナップ発表

今年のヴェネツィア国際映画祭の会期は8月30日〜9月9日まで。

各部門上映作品が27日、映画祭総責任者ダヴィデ・クロフ(写真左)とディレクターのマルコ・ミューラー(同右)によってローマで発表されました。

LINEUP発表.jpg

こちらの画像、公式サイトより拝借しました。あくまで著作権は公式サイトにありますので一応お断り。しばらくしたら削除します。

本日はコンペティション部門をご紹介

『Fallen』バルバラ・アルベルティ監督 (オーストリア)
『La stella che non c'e(英語タイトルThe Missing Star)』ジャンニ・アメリオ監督 (イタリア)→イタリア語学習暦6ケ月の私の直訳では「何もない星」なんですけど、英語タイトル見ると、「失われた星」と訳すべきでしょうか???
『The Fountain』ダーレン・アロノフスキー監督 (米)
『Hollywoodland』アレン・カールター (米)
『Nuovomondo(The Golden Door)』Emanuele Crialese (イタリア)→イタリア語を直訳すると「新しい世界」英語タイトルは「黄金の扉」です
『Children Of Men』 アルフォンソ・キュアロン監督 (米) 『天国の口、終わりの楽園』の監督だ!最近では『ハリーポッター』の。
『ブラック・ダリア』ブライアン・デ・パルマ監督 (米)
『Bobby』エミリオ・エステヴェス監督 (米)→オープニング上映されます。おそらく一番の注目作
『The Queen』スティーヴン・フリアーズ監督 (英)
『Daratt』 Mahamat-Saleh Haroun (Chad-仏-ベルギー‐オーストリア)
『L'intouchable』ブノワ・ジャコー監督 (仏)
『パプリカ』今敏監督 (日本)
『Nue Propriete』ヨアキム・ラフォッセ監督 (ベルギー-ルクセンブルグ-仏)
『蟲師』大友克洋監督 (日本)
『Private Fears In Public Places』アラン・レネ監督 (仏-伊)イタリアからはラウラ・モランテが出演
『Quei loro incontri』ジャン・マリエ・スラウブ?+Daniele HUILLETの共同監督か、もしくはオムニバスか?(仏・伊)この作品は上映時間が68分とコンペ作品中もっとも短い作品です。えーと「ここで彼らは出会った」という意味ですか?あー、自信ないので誰か教えて〜!
『Fangzhu』ジョニー・トー監督 (香港-中国)もしかして今年の香港金像奨で最優秀作品賞を受賞した『黒社会』のことか、あ、でも国内では公開されていない作品が出品の条件ですよね、じゃ別の新作か・・・
『Hei Yanquan』ツァイ・ミンリャン監督 (台湾-仏-オーストリア)うわっ!(笑)
『Blackbook』ポール・ヴァーホーヴェン監督 (オランダ-独-英)
『Ejforija』Ivan Vyrypaev (ロシア)・・。よよよめない・・・
『Sang sattawat』Apichatpong Weerasethakul (タイ-仏)去年のカンヌで前作『トロピカル・マラディ』がコンペに選ばれた人ですね。うん、不思議な映画を撮る人です。タイの方の名前は何度聞いてもさっぱり覚えられません。


21本のうちアジアからは5本。うち日本映画が2本も選出されているのはうれしい限りですが、あ、えとイタリア映画ブログですよね、ここは。

イタリア映画界としては寂しいラインナップですよね。
純粋なイタリア映画が2本、合作が2本の合計4本ですか。
ジャンニ・アメリオ作品に、大好きなセルジオ・カステリットが主演しているのがまあ私でもわかるくらいの注目作ですかね。

Emanuele Crialese という監督についてはこれから調べようっと。

まあ、ここで選出された作品は来年のイタリア映画祭2007で上映される可能性大ですから、その意味でも今からチェックですね。


【おススメサイト】

・海から始まる!?:
http://umikarahajimaru.at.webry.info/200608/article_1.html
画像入りで作品についての説明あり。もっと知りたい方はこちらをどうぞ。

・ヴェネツィア国際映画祭公式サイト(伊・英):http://www.labiennale.org/


posted by マヤ at 23:15| Comment(2) | TrackBack(2) | 第63回ヴェネツィア映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マヤさん、こんにちはー。
セルジオ・カステリットは、私も「マーサの幸せレシピ」見てからお気に入りなんですよ〜。
Posted by bossa at 2006年07月31日 11:38
bossaさん、コメントありがとうございます。実は、マーサ・・・をまだ観てない私。
でも、素敵ですよねー
Posted by マヤ at 2006年07月31日 22:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ベネチア国際映画祭情報 part1
Excerpt:  はやいもので、今年もベネチアの季節がやってまいりました。 8月30日から9月9
Weblog: CINEMA草紙
Tracked: 2006-07-31 11:30

詳細! 第63回ベネチア国際映画祭 コンペティション部門
Excerpt:  昨年の金獅子賞が『ブロークバック・マウンテン』であり、出品作品の中から多数の作品が米国アカデミー賞を賑わわせたということから、俄然注目度がアップしたベネチア国際映画祭。第63回ベネチア国際映画祭(2..
Weblog: 海から始まる!?
Tracked: 2006-08-03 14:13
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。