2007年11月04日

アレッシオ・ボーニ 『Arrivederci amore, ciao 』

かれこれ、今年のはじめにイタリアから買って来ていただいたのにもかかわらず、観ていなかったわけですDVDを。

arrivederci.jpg

やっと観ました。

アレッシオ・ボーニの2006年の作品『Arrivederci amore, ciao 』

『心の中の獣』の次の作品です。

ただ、本格的な主演という意味では、初といってもいい映画ではないでしょうか?(輝ける青春の後にNon aver pauraというスリラーもあるみたいですけど)

http://www.arrivederci-lefilm.com/

いやー、なんといっても英語字幕がないから私のおそろしいほど進歩しないイタリア語ではまったくもって細かい設定がわかりましぇんでした。


わかったこと

アレッシオ・ボーニが悪役に挑戦している

ということ

なんかさーいい人の役やると、俳優さんって絶対こういう役を演じたくなるんですよね。わかるんだけど。

ただ、美男子ですから冷酷な表情が様になってました。

この映画IMDBでは7点以上とってて意外と評価が高いのでビックリです。ところどころ画面が妙に閑散としていて、ちょっとB級な臭いがしたもので。

それからもうひとつの見所としては

michele placido.jpg

ミケーレ・プラチド先生が出演しているということでしょうか。

この方は笑いも作れるのがすごいと思いました。アレッシオ・ボーニはあまり顔の表情が豊かでないかな、私はセリフがわからないので顔をみているだけだとそう感じました。
それにくらべ、プラチドはなんかコワいんだけど、滑稽さも出せて幅があるんですよね。この作品をふくらませる存在だったと思います。


この方は、今年に入ってから何回も観てますね。

モレッティの『カイマーノ』、トルナトーレの『題名のない子守唄』、
『犯罪小説』は監督でした。大活躍ですね。

ぜんぶ髪型が違うところが、サミュエル・L・ジャクソンを彷彿とさせますが、ご本人の素顔の写真を探すと実物は白髪のようです。

日本でいうと、津川雅彦さんのアクをさらに強くした感じ???

posted by マヤ at 01:13| Comment(2) | TrackBack(0) | アレッシオ・ボーニ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月10日

アレッシオ・ボーニ最新画像

昨年のヴェネツィア映画祭、特別招待作品の『All the invisible children』

(過去記事はこちら→http://myvoyagetoitaly.seesaa.net/article/6530459.html

先日、イタリアでのプレミア上映が行われ、チャンピ大統領もかけつけたのですが、その写真の中にアレッシオ・ボーニを発見。

boni.jpg

お髭大魔王

そういえば、キム・ロッシ・スチュワートもお髭でしたね。
posted by マヤ at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | アレッシオ・ボーニ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月19日

アレッシオ・ボーニ Alessio Boni

bookfoto61.jpg

『輝ける青春』でマッテオを熱演したアレッシオ・ボーニはその後、イタリア映画界でもひっぱりだこの人気。カンヌでお披露目されたマルコ・トゥーリオ・ジョルダーナの新作『Quando sei nato non puoi più nasconderti 』に主演。

先日のヴェネツィアで上映された『La Bestia nel cuore』でも主人公の恋人役を演じてます。

1966年 7月14日 ベルガノSarnico生まれなので、下積み長かったのでしょうか、今まではTVでの活躍が多かったようです。

公式サイトを発見しました。お宝映像満載!です。

アレッシオ・ボーニ公式サイトはこちら
posted by マヤ at 21:10| Comment(5) | TrackBack(0) | アレッシオ・ボーニ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。