2008年03月20日

『ROME』前半終了

以前ブログにも書きましたテレビドラマ「ROME」がDVDでレンタル開始ですー、もちろん発売もされました〜。

http://myvoyagetoitaly.seesaa.net/article/55680304.html

マトメて見るのが好きなので、さすがに1日では無理ですが何日かに分けてみました。とはいえ前半です。カエサル暗殺されちゃいました。

このドラマの非常に興味深いところは、多神教のローマ帝国の描写や庶民の日常生活を再現しているところだと思いました。
自分の信じている神に祈りを捧げるシーン、カエサルを呪い殺そうとする儀式の場面、日本でいう、「丑三つ時に・・・」みたいなシーンも興味深かったですねえ。

また、カエサルっててんかんの持病があったのですね。塩野さんも書いていらっしゃいましたが、映像で見せたのって初めてじゃないでしょうか。

本作の製作はジョン・ミリアス。「地獄の黙示録」の脚本を担当したことで知られていますが、タカ派で有名で最近聞かないなあと思っていたら、こんな異教的なドラマ作って、一体何があったんでしょうか。

このドラマの構成は、本来なら歴史に名前を残さないローマ軍兵士の2人を主人公に、彼らを歴史上の偉人たちに絡めて、歴史を多面的にダイナミックにとらえています。

これは、黒澤明監督の「隠し砦の三悪人」の設定からとったにちがいありません。また、ジョン・ミリアスは黒澤監督のファンですから。

また、彼の南カリフォルニア大学映画科の同級生はジョージ・ルーカス。ルーカスが「隠し砦の三悪人」からヒントを得て「スターウォーズ」のR2D2とC3POを作り出したことはファンには周知の事実。

本ドラマも基本的にこれを軍人2人に置き換えてストーリーを構成したと気がつく人は多いのではないでしょうか。

これから後半、また時間をみつけてみるどーーー!







posted by マヤ at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマROME | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。